インテリアとして楽しむ絵画

インテリアとして楽しむ絵画

インテリアとして楽しむ絵画

絵画鑑賞が好きで、インテリアの一つとして楽しむ場合に注意したいのが絵画の取り扱いです。
油絵ならいいですが、日本画や水彩画などの場合顔料によっては日に当たることで色が変化することがあります。
そのため直射日光の当たらない風通しのよい場所にかけて観賞し、かけっぱなしにするのではなく、掛軸のように季節や催し物ごとにかけ変えて楽しむといいでしょう。
また、これから絵画を買ってインテリアとしたい場合、あくまでインテリアなのであまりに高価なものには手を出さないことです。
もしかしたら将来高値がつくかもしれないと気鋭の作家の作品を数十万円で買うなど投資目的で買うのは控えた方がいいでしょう。
インテリアではなくその作家のパトロンになるならそれでいいですが、単なるインテリアの一つとして楽しむなら高くても数万円程度のものでいいでしょう。
売っているものではなく世界に一つだけのものがいいというなら自分で描いてみてはいかがでしょうか。
油絵が無理なら水彩画やペン画などでもいいしょう。
これなら自分の好きなように描けますし、画材と自分の力量だけと費用の面での心配がありません。
これを機会に水彩画などを始めるのも一つの手かもしれません。

美術館を100%楽しむ絵画鑑賞方法

芸術鑑賞のため美術館を訪れるときまず知っておきたいことは、鑑賞中は立ちっぱなしで意外と疲れるということです。
ちょっとした荷物でも、ずっと持っていると腕も腰も疲れるので、入り口近くにあるロッカーを使用するとリラックスしながら作品を鑑賞できます。
多くの公立美術館のロッカーの料金は使用後戻ってくるので、無料で利用できます。
美術館賞には事前の予備知識があると、ただ見るのとは違い深く作品を楽しむことができます。
何気ない一枚の絵画でも、歴史や秘話があるものです。
作品を知る手がかりのために、美術館ではいくつかのヒントを示していることが多くあり、そのうちのひとつが音声ガイドです。
音声ガイドは展覧会によって有料と無料に分かれますが、有料でも相場はおよそ数百円なので、作品近くに貼ってある解説を読むのが困難な人などは利用すると良いでしょう。
展示室内は作品保護のため照明を落としている場合が多く、文字が読みづらいことがあります。
また、解説には書いていない、作品が制作された当時の音楽など、音でも作品を取り巻く歴史を知ることができるため、色々な角度から鑑賞できます。
音声はテレビでよく見る有名人が解説していることもあります。

Valuable information

大切なブーケを保存加工します。挙式後OK!花嫁さんからもらったブーケ、花束も残せます☆

ブーケ 保存

簡単にカードを選択できるクレジットカード比較サイト

クレジットカード 比較

ダイビング ライセンス取得資格の格安ツアーの案内

かんたんダイビングライセンス取得

開放感のある館内では自然を眺めながらゆったりとした雰囲気で、いつもとは違う時間をお過しいただけます。

水戸 ホテル

インテリア雑貨を中心としたカントリー雑貨など可愛くて安い商品が揃う通販サイトです。

名入れ オリジナルグッズ

有機 ココナッツオイル

有機 ココナッツオイル

徹底した個人指導により生徒を合格までサポートいたします。

美大の予備校

デザインから看板製作まで一括注文ができる、業界初の激安看板通販サイトです。

電飾看板

最終更新日:2015/7/3


↑PAGE TOP

COPY RIGHT 2015 絵画を楽しむ ALL RIGHT RESERVED